山内勇樹は編入してるってほんと?英語はどこで学んだの?

山内勇樹さんは英語教育というフィールドに置いて多岐にわたるご活躍をされている方ですが、山内さんの一番印象的な部分はとにかく編入での大学入学を積極的に推奨されている点だと思います。

もちろんおうちホームステイも英会話教材としてとても優れたものであることは確かですし、toeic対策の英語ビュッフェもちょっと料金は高いですが、確実に効果が出る素晴らしいサービスだと思います。でもこれからの日本のことを考えた時、一番重要なのは山内さん自身の生き方から学ぶことであったり、編入での大学入学の推奨だったりするのではないでしょうか。

よく言われることですが、日本は色々なことに時間を割いている割に生産性が低い国だということになっています。労働時間も世界でトップクラスに長いというのにそれに対する生産性は欧米諸国以下だったりとか有名な話ですよね。そしてもちろんそれは教育の分野にも当てはまることなんです。日本の大学はすごい時間とコストをかけて人材を育てようとしていますが、そのコストに見合う人材を欧米並みにちゃんと輩出出来ているかというとかなり疑問です。どう考えても今の日本の教育システムは労を多くして実り少なしというダウンワードスパイラルに陥っている気がしてなりません。

まぁそして現実的に考えてこの状況は当分、変わらないでしょう。となると世界標準の優れた教育を受けたいという人は海外での教育に希望を見いだすしかないということになります。そこで重要になるのが山内勇樹さんの生き方であり、山内さんが推奨する編入という入学方法なんです。

ちょっと前の日本では、海外の大学に入学するのに編入狙いでいくのは邪道だと思われていた節があります。でも編入で大学に入学するというやり方はアメリカでは普通にポピュラーな方法なのです。一度大学を中退してもすぐに復学出来るアメリカだからこその考え方だと思うんですけど、大学というのはとにかくいつでも学びたい時に学ぶ場であるという考え方が徹底されているんです。

ですので何ら気にすることなく、短大から編入という入学方法をチョイスすればいいと思うんです。もちろん普通に入試で入学できる実力がある人はそれで問題ないんです。ここで言っているのはごく平均的な日本の高校生がアメリカで最高の教育を受けるためにはどうしたらいいのかという話なんですね。その場合、まず誰でも簡単に入学出来る短大に進学して、そこである程度努力し優秀な成績を収め、有名大学に編入するというやり方が英語力も自然に鍛えられていいと思うのです。つまり山内さんが経験し推奨している編入入学というやり方です。

ただ確かにこの編入入学という選択にはリスクがあることは確かです。短大に入学して仮にどこの大学にも編入出来なかったとしたら短大卒という学歴になってしまいますからね。(まぁ最悪どこかの大学には編入出来ると思うので最終学歴が短大卒となる可能性はかなり低いですが。)ですので短大で勉強を頑張れるだけの根性を持っていることが必須条件の手段ではあるんです。でも短大の勉強やテスト自体はそれほど難しくないものなので、根性さえあれば良い成績を取ることは容易なんです。山内勇樹さんが仰るように大学編入を成功させるのは、結局は少しの勇気と根性ということになるんでしょうね。

それに普通に最初から入学しようが、途中から編入しようが、ちゃんと大学を卒業出来れば、学歴自体は同じくその〜大学卒ということになりますしね。だから努力型の人にはこの編入というやり方はすごくお勧めなんです。

では最後に編入というやり方で山内さんが卒業したuclaに入学した人のお話を紹介しておきますね。

「日本の4年制大学に普通に入学したのですが、どうも日本の大学の雰囲気も教育システムも僕には合わなかったんです。それでもしょうがないので文句たらたらで通っていたのですが、ある時、山内勇樹さんのインタビューを読んで編入というやり方でアメリカの大学に入学出来るというのを知ったんです。短大からのスタートは少し不安でしたが、日本の大学だってギリギリ入れたというレベルの僕にはそのやり方しかありません。ただ好きなことなら努力出来るタイプなので自分を信じて短大に入学することを決心しました。結果を言ってしまうと、まさに案ずるより産むが易しで、短大での生活も楽しかったし、短大の勉強自体もそんなに難しくなかったですし、編入自体も特に危なげなく出来ました。ただuclaに入学後の今は毎日勉強で苦しめられています。でもとはいえ日本の大学にいた頃とは比べものにならないくらいの充実感を日々感じて過ごせているので、楽しい苦労をしているという感じではあるんです。編入というやり方は向き不向きがあるので決して万人に勧められる方法ではありませんが、熱意とガッツがある人には間違いなくお勧めの方法なので、興味がある方には是非トライしてみて欲しいなぁと思いますね。」

おうちホームステイのメルマガ登録

コメント